白米を食べない、糖質制限ダイエットを二ヶ月やってみた

少しお腹周りの贅肉が気になってきたな……というときに、テレビやインターネットで流行っていたのが糖質制限ダイエットでした。
内容は簡単、お肉や野菜を食べる量は制限せずに、白米や麺、パンなどの炭水化物を控えるというダイエット方法です。

ダイエット企画のテレビ番組では、白米を食べずにお肉中心の生活をすることで一週間に1.5キロほど減量した芸能人の方がいました。
それを見て「これはすごい……!」と思い、私も白米を食べない食生活を始めました。
朝は1日のエネルギーを確保するため、少しだけ炭水化物を取ります。
昼はコンビニのサラダチキンとサラダ、夜も普段の食事から炭水化物を抜いたもの。

このような食生活を始めた当初は、白米が食べられないことを少し寂しく思いました。
けれど一週間、二週間とそういう食事を続けていくと、段々と体が慣れていくのが分かります。
前なら白米を食べたくて仕方なかったのに、サラダで満足できるようになっていくのです。

二ヶ月ほど糖質制限ダイエットを続け、私は2キロほど減量しました。
あまり大幅に減らせた訳ではないのですが、鏡で自分の姿を見たときに「あ、お腹周りの贅肉が無くなってる」と気づいたときには、達成感でいっぱいになりました。