ダイエットとは習慣化がポイント

ダイエットという言葉を聞いて私が1番に思いつくのは炭水化物を抜く、糖質を抜く、
コーラなどの砂糖の多い飲料水を飲まない、塩分を摂りすぎないという食事制限やランニングやウォーキング、ジムに通うなどの運動です。

私は、これまでにいろいろなダイエットに手をつけてきました。
食事制限をしてたしかに痩せることはできましたが、痩せたご褒美に少しと食べた結果、気の緩みが出てしまい、我慢していた分たくさん食べてしまいました。
これによりダイエットに我慢は必要なのは分かっていましたが、小さなことでイラついてしまうなどの精神的ストレスを感じていました。
そのため、過度の食事制限は短期間でも自分自身に悪影響を出してしまいます。

運動を取り入れたダイエットでは初めは走ってばっかりいましたが歩く方が体にいいと聞き、背中に物差しを入れられているように背筋を伸ばし、
体の軸を意識し腕をしっかり振り足の付け根に靴を履かせられていると意識し少しだけでいいから歩くというダイエットをしていました。
代謝は上がりいい汗をかいていましたがなかなか数字、見た目に変化は見受けられず、辞めてしまいました。

このことから簡単に習慣化でき続けれるようものがいいと考えた結果できたダイエットが、毎食事時間をだいたいでいいので同じにすることです。
朝は起きて仕事が忙しくない方であれば朝食は起床30分後以上が目安、昼は12時すぎ、夜は18時以降19時までの間にとることを勧めます。
毎日決まった時間は難しいと思いますが、頭に意識しておくだけでも違うと思います。
できる日にすることで上記のものに比べると体にとても負担がかかることはなくだんだん習慣化してくると簡単なダイエットだと思います、ぜひ試してみてください。