ダイエッターな日々でちょうど30年

小さい頃は食事というと気持ち悪くなり吐き気との戦いでした。
そんな少食だった私も小学校高学年になると食べれるようになってきました。

でも運動が苦手で中学校の部活も途中で退部し食っちゃ寝ばかりしてました。
すると見る見る太りだしました。高校生の時はチャリ通だったのですが、後ろから走ってきた車の男達からデブと大きな声で叫ばれてしまいました。
自分がデブだと分かった瞬間です。ショックでした。

高校卒業後からダイエットの日々の始まりです。
専門学校へ通っていたのですが、周りのコと馴染めず街の中をさまよって時間つぶししてうちに帰ってました。
その時が食べずに歩いていたのですごく痩せたんです。62キロくらいあったかな。60キロはキリました。

その後結婚、出産するとまた75キロまで太りました。
しかし離婚に至ると食べれなくなり今度は55キロまで痩せます。
20代は食べないでいるとすぐ痩せました。が、その後は歳と共に通用せず、
ビリーズキャンプやDVD、便秘薬、お腹ブルブルベルト、ウォーキング、黒豆酢、バナナ、お風呂で塩もみ、汗かく入浴剤、痩せるスパッツ、レッグマジック、
その他にも通販のダイエットマシン各種、トランポリン、エステ、糖尿にも効く飲み薬、利尿薬、取った分の油だけ出す薬などなどずいぶんやりました。

この中で効果があったなあと思うのは糖尿病の人も飲む薬のフォシーガです。
歳を取ってきたので糖尿もあったのかもしれないですがダイエット薬としても処方されるようです。
月一箱3千円くらいでネットで買い、かれこれ半年くらい経ちましたが徐々に痩せました。5キロは痩せますね。
でも後はやはり精神的なものが大きいようで家族の病気で食べれなくなってもいたかもしれませんが。
ガタイが良いので痩せなくちゃってばかり思い続けて30年経ってしまいました。体、鏡で見るとたるんでます。